From A PORSCHE 962C (#27) 1988 WEC IN JAPAN

皆様こんにちは。

本日はフロムA ポルシェ 962C 1988 WEC IN JAPANをご紹介したいと思います。

 

Hello all IG collectors! 
Today's car is From A Porsche 962C 1988 WEC IN JAPAN. 
 

フロムAといえば、やはり962Cですね。今回はニッサン R91CKに続きまして、フロムA 962C第一弾として88年WEC IN JAPAN仕様をモデル化しました。この車両、88年のJSPCチャンピオン車両でもあります。

 

The first From A 962C in IG racing car program is 1988 WEC IN JAPAN version. 
This is a winning car in 1988 JSPC.

 

岡田秀樹/S.ディケンズ組がドライブし、予選では並み居る強豪を下して岡田選手が見事ポールポジションを獲得しました。決勝では3大ワークスのメルセデス/ジャガー/ポルシェAGの戦いとなり、この27号車は最終的には日本勢最上位の総合4位でフィニッシュしています。

 

It won the pole position in the preliminary,driven by Hideki Okada/S.Dickens.
In the final Mercedes, Jaguar and Porsche AG were competing hard and this No.27 finished at the 4th place, which was the best record among all the Japan teams.  
 

メンテナンス・チーム運営はノバエンジニアリングです。一見、素の状態に見えますこの車両にもマフラー前に独特な形状のスリットが設けられるなど、やはり独自のモデファイが見受けられます。

 

It was maintained by NOVA ENGINEERING.They made some unique modifications on this machine such as its unique shaped slit in front of the mufller. 
 

制作にあたり、既存のロングテールボディから改造を行いましたが、ハイウィング化はもちろんのこと、19インチタイヤの装着のため、後方部分はほぼ新規制作となり、フロントカウルもハイウィング車両特有のボディ面がえぐれている形状に変更するなど、なかなかの大規模な改造となりましたね。こちらも間もなく発売予定ですので、お楽しみください!(デカールキャンペーン対象商品でもあります)

 

The machine was drastically modified from its original long tail body, like the high wing, 19 inch tryes and its front cowl.
This racing car model will be on the market soon. Check it out! 
 

さてこちらは、フロムA 962C第2弾として準備しています、89年JSPC開幕戦仕様の原型です。一体型でありましたリアウィングが独立形状にモデファイされています。ちょうど今ニューリリースとしてご案内させていただいています、IG1206ですね。こちらも是非ご予約いただければと思います。

フロムAカラーは私も大好きですし、ノバエンジニアリングのモデファイ具合はどれもおもしろいので、これからもバリエーションを作っていければと思っています!それではまた。

 

This is the prototype sample model of the next From A 962C in IG program, which is IG1206 1989 JSPC,annouced on IG July 2017 newsletter.  
You will be aware of its separated rear wing. This modification was also made by NOVA ENGINEERING. Do not miss to go to your local IG dealer and preorder this model!