11月新製品案内/IG future lineup plan

皆様こんにちは。

本日は現在リリース案内中の新製品をご紹介していきます。今月もGr.Cカーは3種ですね。

 

Hello all IG collectors! 
Today I am going to talk about some Gr.C car models that we are planning for IG future lineup. 
 

IG1203 MINOLTA Toyota 89C-V (#36) 1989 Le Mans

 

まずはこちら、タカキューに続きミノルタカラーの89C-V 89ルマン車両です。小河 等/P.バリラ/R.チーバー組のドライブにより予選24番手からスタートしましたが、3時間30分後にエンジントラブルにてリタイアしました。個人的にはR.チーバーが乗車していたことにグッときてしまいますね。タカキュー車両同様、ルマン時では側面のルーバー形状が既に無く、平面形状に変化しています。ヘッドライト追加・1枚ウィングなどJSPCとは細かいところで仕様が異なっていますので、こちらもお楽しみください。

 

IG1203 MINOLTA Toyota 89C-V (#36) 1989 Le Mans driven by H.Ogawa/P.Barilla/R.Cheever (Result: retired)

It started from the 24th place in the preriminaly, but retired unfortunately due to the engine trouble after 3 hours 30 minutes.
This car features some details different from JSPC,such as its flatness on the side, headlights and one single wing.

 

IG1208 Nissan R88C (#32) 1988 Le Mans

IG1209 Nissan R88C (#23) 1988 Le Mans

そしてこちらはニッサンチームの88年ルマンのR88C 2台です。32号車はA.グライス/M.ワイルズ/W.パーシー組の外国人トリオ、23号車は星野一義/和田孝夫/鈴木亜久里組の日本人トリオがドライブ。カルソニックロゴの23号車はゴールまで約3時間を残したところでエンジントラブルにてリタイアしてしまいましたが、32号車は最後まで生き残り、14位完走を果たしました。

 

IG1208 Nissan R88C (#32) 1988 Le Mans driven by A.Grice/W.Percy/M.Winds

IG1209 Nissan R88C (#23) 1988 Le Mans driven by K.Hoshino/T.Wada/A.Suzuki

#23 with Calsonic logo retired 3 hours before the end due to the engine trouble.
Meanwhile, #32 finished the race and the result was the 14th place. 

 

 

この2台もルマンの高速仕様に併せてリアウィングは1枚タイプとなります。仕様は2台でほぼ一緒のようですね。

 

90C-V/R89Cとトヨタ・ニッサンチームのルマン出場車両は制作してきましたので、今回の3種も引き続き皆様のコレクションに追加頂ければと思います。是非ご予約ください!

 

Add them in your IG collection. Rush to your local IG dealers once they are available for ordering! 

 

 

さてR88Cですが、先にご案内しています1発目の1988 WEC IN JAPAN仕様の原型はほぼ完成しました。写真はフロントウィングが装着されている32号車です。

ローラ系車両と比べますとマーチ系車両はいささかクラシックな感じがしますが、フロント廻りは抑揚があり、なかなかアクの強いデザインをしています。これから徐々に変化させて、またバリエーションを展開していきたいですね。それではまた!

 

By the way, the prototype unpainted sample of R88C is now ready. 
We are planning to make more variations. Stay tuned!