TAKEFUJI PORSCHE 962C (#33) 1989 Le Mans (1/18Scale)

皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

本日は発売中の武富士 ポルシェ962C 1989 ルマンをご紹介します。

赤色ボディに白色文字で、気持ちお正月気分なカラーリングですかね。

 

オムロンポルシェに続きまして、1/18スケール第2段は同じ89年ルマンに出場しました、武富士ポルシェになります。オムロンと同じく、シュパンチームの車両ですね。

 

シュパンチームはオムロンは元ワークスカーの車両を用いていましたが、武富士は89年モデルの新車を投入。W.ホイ/J.アレジ/D.ドブソン組のドライブによって、予選22番手からスタート。序盤から快調で11番手まで順位を上げるも、他車に追突され大きく後退。そしてD.ドブソンがドライブしていた7時間目を過ぎたあたりで突如炎上し、無念のリタイアとなりました。

 

この車両はやはり武富士の漢字ロゴがインパクトありますね。赤一色に白文字でとてもシンプルですが、記憶に残るカラーリングです。ウィンドーハチマキと牽引フック、右ヘッドライト部分(識別用か何かだったと思いますが)の黄色もいいアクセントになっています。

 

こちらはルマン年鑑に掲載されていました、インディアナポリスコーナー付近での炎上し始めた時の写真です。この年のルマンでは他にもRLRやクレマーチームのポルシェ勢も同様に車両火災に遭い、リタイアしていました。

 

89年はちょうどバブル景気の真っ最中だったと思いますが、ジャパンマネーによって962Cもカラフルなスポンサーカラーに彩られた車両がたくさんありました。どれも判りやすいカラーリングで、やはりこの頃のレーシングカーがツボですね。

 

さて2018年になりましたが、12月は工場の量産調整があったため、Cカーアイテムは一旦お休みとなり、今月末のCカー新製品は無しとなっています。今まで買い逃していたアイテムがありましたら、是非この機会に乗じて入手して頂ければと思います。

中国は2月の旧正月が控えていますので、こちらはあまり年末年始気分は無いのですが、気持ちも新たに今年もまたモデルを作っていきたいと思いますね。それではまた!