新製品案内

皆様こんにちは。

 

本日は7月新製品のアイテムについて、ご案内したいと思います。

今回の3種はすべて、1989年 JSPC開幕戦の富士500Kmレース時の仕様になります。

 

Hello all IG collectors! 
The racing cars featured in today's blog are Toyota 89C-V and Porshce 962C Fuji 500km 1989 JSPC, which have been just annouced on IG July 2017 newsletter.   
 

IG1199 MINOLTA Toyota 89C-V (#36) 1989 JSPC

 

まずはこちら、ミノルタカラーの89C-Vです。小河 等/G.リース組のドライブにより、予選ではリースがコースレコードを叩き出し、1位を獲得。決勝では終盤までポルシェ勢とトップ争いをするも、最後でガス欠に見舞われ総合5位となりました(2枚目の画像がちょうどその時の画像ですね)。

 

This is Toyota 89C-V from Team TOM'S with MINOLTA colouring, driven by Hitoshi Ogawa / G. Lees.
It got the pole position in the preliminary with the course record establlished by Lees, but finished at 5th place in the final, running out of gasoline after fighting with Porshce for the top. 
 

IG1200 TENORAS Toyota 89C-V (#50) 1989 JSPC

 

そしてこちらは、サードチームのティノラスカラー。鈴木恵一/D.シアーズ/R.ラッツェンバーガー組が乗車し、予選3位からスタートするも、決勝はミッショントラブルでリタイアしています。

89C-Vはこのレースがデビューイベントでしたが、速さは既に十分に兼ね備えていました(ルマンでもポール争いしていましたしね)。

ミノルタがスパッツ無しの2枚ウィング、ティノラスがスパッツ有りの1枚ウィング仕様となります。89C-Vといえば私はこの側面のルーバー形状が非常に好きだったのですが、実車は効果はさほど無かったのか、第2戦からはルーバーは無くなり、普通の平面形状となってしまいました。ですのでルーバー形状があるのは、シェイクダウン時とこのデビュー戦時のみとなります。

 

This is Toyota 89C-V from SARD racing team with TENORAS colouring, driven by Keiichi Suzuki / D. Sears / R. Ratzenberger. 
It started from the Grid 3rd in the final but retired unfortunately due to mission troubles. 
Toyota 89C-V made its debut in this race Fuji 500km 1989 JSPC. Since its debut it has demonstrated impressive speed. It was fighting for the pole position in Le Mans. 
MINOLTA has double wings wih no wheel spats, meanwhile TENORAS has a single wing with wheel spats.
89C-V had its feature in the louvers on the side in the shakedown and its debut at Fuji 500km 1989 JSPC, but from the next race the louvers were removed and changed to the normal flat plate. 
  

IG1206 From A PORSCHE 962C (#27) 1989 JSPC

 

最後に総合優勝しました、フロムAポルシェです。中谷明彦/H.グロース組のドライブでした。

ノバチームの独自モデファイにより、この開幕戦からリアウィングが独立形状となっています。STPロゴもこの時から追加されました。88WEC IN JAPAN仕様との比較もおもしろいと思います。962Cバリエーションも徐々に形状が変化してきています。

 

This is FROM A Porsche, driven by AKihiko Nakaya / H. Grohs. It started from 10th in the final but won the 1st place with racing 112 laps. 
The rear wing was modified by NOVA team and STP logo was alos added on. You will be aware of the differences when comparing with its 1988 WEC IN JAPAN version.
 

最後のこちらの画像は当時のレーシングオン誌のレースレポート記事です。ミノルタトヨタが善戦するも、結局はフロムA-オムロン-アルファ ブルン-レイトンハウスのポルシェ1-2-3-4フィニッシュとなり、この時はまだポルシェ牙城未だ揺るがずといった状態でしたね。

 

今回の3種も鋭意制作中です!是非ともご予約頂ければと思います。それではまた。

 

Finally, the above article copy is from a magazin "RACING ON". 
It says MINOLTA Toyota was competeing hard with Porsche but finally 1st, 2nd, 3rd and 4th places were all occupied by Porsche. 
Porsche was fastest and no one was unable to beat it in those days.
The 3 racing cars I have talked about here are now under development.Go and reserve to your local IG dealer now!