NISSAN R89C 1989 Le Mans

皆様こんにちは。

本日はニッサン R89C 1989 ルマンの3種をご紹介していきます。

 

Hello all IG collectors!
Today's racing car model is Nissan R89C 1989 LeMans.

 

90年ルマンのニッサン車両に続きまして、89年ルマンに挑みました、3台のワークスR89Cをモデル化しました。今回の3台も出来る限り決勝時での各車両の違いを再現してみました。

 

3 differnett NISSAN R89C machines in 1990 LeMans will join in IG lineup.
They are slightly different from each other and each detail is well replicated.

 

23号車はニスモチームのカルソニックです。長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男組の日本人トリオのドライブにより、予選19位からスタート。10時間目の時点で4位まで順位を上げて健闘しましたが、エンジントラブルによってリタイアしました。23号車はフロント開口部にネットが貼られていたのと、アンテナが1本左ドア前に移動しています。また、カルソニックのみリアカウルの細部の形状も異なっていますね。

 

#23 is CALSONIC from NISMO team. It started from the 19th place, driven by M.Hasemi/K.Hoshino/ T.Suzuki. 
It raced hard and went up to the 4th place after 10 hours, but unfortunately retired due to its engine trouble.
The #23 features its front air intake with net, antenna at the front left door side and rear cowl shape. 
 

24号車はNME (ヨーロッパニッサン)チームのYHPです。M.ブランデル/J.ベイリー/M.ドネリー組のドライブにより、予選12位からスタート。圧倒的な速さで周回し、4周目で3位まで上がるもミュルサンヌコーナーで2位ジャガーと接触し、惜しくも早々にリタイアしてしまいました。24号車はスピードラインのホイールが特徴です。リアウィングの高さも23/25号車と比べて若干低めのセッティングでした。

 

#24 is YHP from NME.It started from the 12th place in the prealiminary, driven by M.Blundell/J.Bailey/M.Donnelly. 
It raced very well and it was running at 3rd place at the 4th lap, but at the Mulsannne corner it crashed with Jaguar at the 2nd place and regrettably retired at the beginning of the race.
This #24 features its wheels of SPEEDLINE.Also the height of its rear wing was a bit lower than #23 and @25.
 

25号車はIMSAを戦うアメリカチーム。NISSANのロゴのみのシンプルな仕様です。G.ブラバム/C.ロビンソン/A.ルイエンダイク組のドライブにより、予選15位スタート。16時間目で5位走行中にエンジントラブルでリタイアとなっています。

 

#25 with NISSAN logo only is from American team. 
It started from the 15 place in the preliminary, driven by G.Brabham/C.Robinson/A.Luyendyk.
It was at the 5th place after 16 hours but due to its engine trouble, it retired.

 

24号車と25号車は基本形状は同じでした。23号車のみテールランプ形状が横長タイプを採用しており、側面の開口及び上面のダクトにも形状の違いが見受けられました。ミラー高さ・スパッツの丸穴の有無など、地味ながら3種で細々セッティングが異なっていたようです。

 

The basic shape of #24 and #25 is alsmot same. Only #23 has destinctive long tail light,different shaped air intake of the body side and duct at the top. 
Each machine differs from each other at the height of mirrors and the number of holes on the spatz.
You will see the specification of each machine is slightly different.  
 

個人的にはこのスピードラインのホイールを履いた24号車が気に入っています。完走目標では無く、攻めの走りで初めて優勝の可能性を秘めた日本車でしたね。今回の3種も間もなく発売開始します!

 

Which machine is your favorite? I like this #24 with the SPEEDLINE wheels. 
I remember #24 agressive racing made me feel like it was almost winning. Such exciting race was the first for the Japan machines ever.
These 3 types of NISSAN R89C 1989 LeMans will be soon available on market. Stay tuned!
 

さて、今回のR89Cルマン3種でローラ系のニッサン車両のモデル化はこれにて完結です。これまで様々なバリエーションを作ってきましたが、皆様ももう満足ですよね(笑)。これからのニッサンCカーはマーチ系のモデルをガッツリ制作していきます。引き続き、お付き合いください!それではまた。

 

The next NISSAN C cars we are planning are March machines. You can count for it! 

 

 

OMRON PORSCHE 962C (#55) 1989 JSPC

皆様こんにちは。

本日はオムロン ポルシェ 962C 1989 JSPCをご紹介したいと思います。


Hello all IG collrctors!
Today I am going to feature OMRON PORSCHE 962C (#55) 1989 JSPC which will be on the market very soon in this month.

 

先日88年のワークス仕様オムロンポルシェを販売しましたが、こちらは翌89年のJSPCに参戦しました、シュパンチームのオムロンポルシェです。総合優勝しました第2戦 富士1000km時の仕様をモデル化しています。

 

It is a winning car from Schuppan team in 1989 JSPC Fuji 1000km, driven by the team owner V.Shuppan, E.Elgh and K.Matsumoto. 

 

チームオーナーでもありますV.シュパンとE.エルグ、松本恵二選手の3人のドライブにより、予選5位からスタートした55号車は、コンスタントにラップを重ね、レース終盤日石トラストポルシェとの激しいバトルに競り勝ち、見事、優勝を果たしました。

JSPC仕様のオムロンポルシェはやはりこの吊り目模様のヘッドライトカバーが特徴ですね。ワークス仕様よりも獰猛な印象を受け、なかなかカッコいいです。

 

This #55 started from the 5th place in the preliminary. 
At the last phase of the race there was a hard fight between this #55 and Nisseki Trust Porsche then finally #55 won the victory.
One of the featurs on this machine is its almond shaped headlight cover. The impression is more wild than Works livery. 
 

ボディの基本形状は同じですが、SSRのホイールと共にワークス仕様とはロゴマークが細々異なっていますので、比較もおもしろいかと思います。このJSPCオムロンポルシェは今月末発売となります。ご予約されている方はもうしばらくお待ちください。

 

The body shape is same as Works livery but there are some differences on wheels (SSR wheels on this #55) and some logo marks. 
This OMRON PORSCHE model will be available in the end of this month.

 

さて、工場では現在1/18ルマン仕様の量産を進めていまして、ちょうどデカールを貼り付けている最中です。作業工程は1/43と変わりは無いのですが、サイズが大きい分やはりボリュームがありますね。こちらもご期待ください!それではまた。

 

Now at IG factory 1/18 scale Le Mans livery is under production. Now we are working on decals. 
The production process is almost same as 1/43 scale, but it is more impressive with more details as the model size is bigger.
Stay tuned with our coming 1/18 racing model! 

 

 

8月新製品案内/IG August2017 New

皆様こんにちは。

 

本日は8月新製品アイテムのグループCカーをご案内したいと思います。

今回は3種のポルシェ962Cです。

 

Hello all IG collectors! 
IG August2017 newsletter has been just annouced.Some more new racing cars are coming. Let me give you more detailed introduction of PORSCHE 962C in 3 diffrent liveries.
 

IG1201 ADVAN alpha PORSCHE 962C (#25) 1989 JSPC

まずこちらは定番のアドバンカラー962C。総合優勝しました、89年鈴鹿1000km仕様をモデル化予定です。高橋国光/S.ディケンズ組のドライブにより、大逆転で89年のシリーズチャンピオンも獲得しました。

 

This is 962C in a well-known ADVAN livery. It's the winning car at 1989 JSPC Suzuka 1000km, driven by Kunimitsu Takahashi/S.Dickens.

 

IG1202 Schuppan PORSCHE 962C (#25) 1988 JSPC

そしてシュパンチームの962Cです。こちらは88年の鈴鹿1000km仕様となります。E.エルグ/M.サンドロ-サーラ組のドライブにより、7位フィニッシュとなりました。シュパンチームは第2戦の鈴鹿500kmでも総合優勝しましたが、4灯ヘッドライトが雰囲気いいので、1000km仕様としました。こちらはデカールキャンペーン対象商品となります。

 

This is in a Schuppan livery with 4 headlights at 1988 JSPC Suzuka 1000km. The result was the 7th, driven by E.Elgh/M.S-Sala.
 

89年は台風の影響を受け、鈴鹿1000kmレースは最終戦に延期となり、真冬での開催となりました。同じレースですが、88年と89年とでは真夏と真冬で服装が全然違うのがおもしろいですね。

 

1989 Suzuka 1000km was postponed to the final race due to an attack of a typhoon and it took place in winter.
The above pictures are from the same Suzuka 1000km, but the right one is of 1988 in summer and the left one 1989 in winter. 
You see their cloths are totally different. 
 

IG1205 TAKEFUJI PORSCHE 962C (#33) 1989 Le Mans (1/18 Scale)

 

そしてこちらは1/18 Gr.C第2段として、武富士ポルシェをモデル化します。オムロンと同じ89年ルマン仕様です。レースは車両火災でリタイアしてしまいましたが、この車両のトピックはやはりJ.アレジが乗っていたことですね。この年以降のJ.アレジのF1での活躍ぶりは皆さんご存知の通りかと思います。今回の3種も是非ご予約ください!

 

This is the IG 2nd 1/18 racing collection. It's in a TAKEFUJI livery at 1989 LeMans. 
It retired due to the vehicle fire, but driven by J.Alesi. He started to establish some good records after this race. 
 

さて私も先週末から日本に一時帰国していまして、この機会に乗じてまた資料探しで都内をうろついています(笑)。今回も今まで持っていなかった962C関連の洋書やレースプログラムを新たに手に入れることができましたね。また今週末に中国工場に戻りますが、今後で活用していきたいと思います!それではまた。

 

Well, I am back in Japan now and enjoy going arond book stores to collect race car magazines. 
Some 962C magazines and race programs will add to my collection for IG future racing car projects.Keep your eyes on IG future program! 
 

 

OMRON PORSCHE 962C (#17) 1988 WEC IN JAPAN

皆様こんにちは。

本日はオムロン ポルシェ 962C 1988 WEC IN JAPANをご紹介します。

 

Hi all IG collectors! 
Today's racing car is OMRON PORSCHE 962C 1988 WEC IN JAPAN. 

 

フロムAポルシェと同時に制作していましたのが、このオムロンポルシェです。オムロンカラーを纏っていますが、チームはワークスであるポルシェAG。アメリカのインディシリーズに専念するため、グループC活動を控えていたポルシェAGでしたが、ルマンでの雪辱を晴らすために富士まで遠征してきました。カーナンバー17番が正にワークスの証です。

 

We are making this OMRON PORSCHE along with FROM A PORSCHE. 
It has OMRON coloring but the team was organised by PORSCHE AG. 
PORSCHE AG was devoted to USA Indy series much more than Group C, but they participated WEC IN JAPAN in Fuji to clear themselves of the disgrace in Le Mans. 

 

ドライブしたのは、K.ルードヴィック/P.コッブ組。レースはルマンでも実現しなかったジャガー/メルセデス/ポルシェの3大ワークスの戦いとなり、予選2位からスタートしたこの17号車は、序盤からジャガー/メルセデスと激しいトップ争いを演じ、ジャガーに僅か届かず、総合2位となりました。ポルシェAGはこのレースをもってワークスによるグループC活動を終了させましたので、このWEC IN JAPAN仕様が最後のワークス962Cとなります。

 

It was driven by K.Ludwig and P.Cobb.
This NO.17, starting from the 2nd place in the preliminary, raced so aggressively with Jaguar and Mercedes then finished at 2nd.
It was the last Group C race for PORSCHE AG Works and this WEC IN JAPAN version machine was the last one of their Works 962C.  
 

車体自体は同年ルマンのアンドレッティ一家がドライブした19号車とのことですが、見た目は全然違いますね。ポルシェAGはシリーズからは撤退するものの、翌年のカスタマー向けに開発は怠らず、この富士でもマシンを進化させてきました。前回のフロムAと比べますと、ウィング幅やドア脇のインタークーラー/オイルクーラー形状・先端の開口形状など様々な箇所が異なっています。内装のボッシュ モトロニックの違いなども新旧962Cで出来る限り再現していますので、是非お手に取って見比べていただきたく思います。このオムロンポルシェも間もなく発売予定です!

 

The machine was same as No.19 driven by Andretti in Le Mans,although it looks totally different. 
PORSCHE AG withdrew from the series but they continied to improve their machine. 
There are some differences between the earlier From A and this OMRON in, such as,the width of its wing or the form of intercooler and oil cooler beside doors.  
The inside Bosch Motoronic is also different between From A and OMRON. You will see the diiferences on IG scale models. We hope you will enjoy!  
 

工場では現在、17号車に引き続きましてシュパンチームのJSPC 55号車の量産も行っています。こちらもどうぞお楽しみに!それではまた。

 

Now we are also working on Schppan team JSPC #55 as well as this #17. 
It will be also coming soon! 
 

 

From A PORSCHE 962C (#27) 1988 WEC IN JAPAN

皆様こんにちは。

本日はフロムA ポルシェ 962C 1988 WEC IN JAPANをご紹介したいと思います。

 

Hello all IG collectors! 
Today's car is From A Porsche 962C 1988 WEC IN JAPAN. 
 

フロムAといえば、やはり962Cですね。今回はニッサン R91CKに続きまして、フロムA 962C第一弾として88年WEC IN JAPAN仕様をモデル化しました。この車両、88年のJSPCチャンピオン車両でもあります。

 

The first From A 962C in IG racing car program is 1988 WEC IN JAPAN version. 
This is a winning car in 1988 JSPC.

 

岡田秀樹/S.ディケンズ組がドライブし、予選では並み居る強豪を下して岡田選手が見事ポールポジションを獲得しました。決勝では3大ワークスのメルセデス/ジャガー/ポルシェAGの戦いとなり、この27号車は最終的には日本勢最上位の総合4位でフィニッシュしています。

 

It won the pole position in the preliminary,driven by Hideki Okada/S.Dickens.
In the final Mercedes, Jaguar and Porsche AG were competing hard and this No.27 finished at the 4th place, which was the best record among all the Japan teams.  
 

メンテナンス・チーム運営はノバエンジニアリングです。一見、素の状態に見えますこの車両にもマフラー前に独特な形状のスリットが設けられるなど、やはり独自のモデファイが見受けられます。

 

It was maintained by NOVA ENGINEERING.They made some unique modifications on this machine such as its unique shaped slit in front of the mufller. 
 

制作にあたり、既存のロングテールボディから改造を行いましたが、ハイウィング化はもちろんのこと、19インチタイヤの装着のため、後方部分はほぼ新規制作となり、フロントカウルもハイウィング車両特有のボディ面がえぐれている形状に変更するなど、なかなかの大規模な改造となりましたね。こちらも間もなく発売予定ですので、お楽しみください!(デカールキャンペーン対象商品でもあります)

 

The machine was drastically modified from its original long tail body, like the high wing, 19 inch tryes and its front cowl.
This racing car model will be on the market soon. Check it out! 
 

さてこちらは、フロムA 962C第2弾として準備しています、89年JSPC開幕戦仕様の原型です。一体型でありましたリアウィングが独立形状にモデファイされています。ちょうど今ニューリリースとしてご案内させていただいています、IG1206ですね。こちらも是非ご予約いただければと思います。

フロムAカラーは私も大好きですし、ノバエンジニアリングのモデファイ具合はどれもおもしろいので、これからもバリエーションを作っていければと思っています!それではまた。

 

This is the prototype sample model of the next From A 962C in IG program, which is IG1206 1989 JSPC,annouced on IG July 2017 newsletter.  
You will be aware of its separated rear wing. This modification was also made by NOVA ENGINEERING. Do not miss to go to your local IG dealer and preorder this model!

 

DENSO Toyota 90C-V (#38) 1990 Le Mans

皆様こんにちは。

本日は前回に引き続き、デンソートヨタ 90C-V 1990 Le Mansをご紹介します。

 

Hi all IG collectors! Today I will talk about Denso Toyota 90C-V 1990 Le Mans. 
 

ミノルタ/タカキューのトムスチームの90C-Vに続きまして、サードチームのデンソートヨタをモデル化しました。

 

This is SARD Denso Toyota following TOM'S MINOLTA/TAKA-Q 90C-V.

 

こちらは長坂尚樹/P-H.ラファネル/R.ラッツェンバーガー組が乗車し、予選16位からスタート。レース開始早々に他車に追突されフロント廻りを破損し、ほぼ最下位に近い46位まで落ちるも、徐々に挽回して順位を上げましたが、19時間目にエンジントラブルで惜しくもリタイアとなりました。

 

It started from 16th place in the preliminary,driven by Naoki Nagasaka/P-H.Raphanel/R.Ratzenberger.
It crushed with the other car at the beginning of the race and due to the damages on the front it went down to 46th.
It was racing hard,moving up to upper place but after 19 hours it retired because of the engine troubles.   

 

トムスチームはブリヂストンにレイズのホイールですが、サードチームはダンロップにBBSホイールの組み合わせです。これだけでだいぶ雰囲気は異なりますね。前回のトムスチームのJSPC車両とのカラーリングの比較もおもしろいと思います。こちらも間もなく発売予定ですのでお楽しみください。

 

TOM'S machine wears Bridgestone tyres and RAYS wheels, meanwhile SARD has Dunlop tyres and BBS wheels. 
Maybe it would be also intersting to compare it with the previous TOM'S JSPC machine.They are decorated in different colours. 
This SARD Denso Toyota will be on market soon. Hope you will like it! 

 

 

今回の90年ルマン車両のモデル化によって、サードチームのルマントヨタ車両も残すは94年の94C-Vのみとなりました。静岡ホビーショーでも原型を展示していましたので、ご覧になられた方も多いと思います。いつも複数の車両を同時進行している関係上、サンプル完成までに少々時間が掛かっていますが、こちらも現在準備中です。完成しましたら、またアップしたいと思います。それではまた!

 

After this Le Mans car in 1990, the next and last SARD Le Mans Toyota machine will be only 94C-V in 1994. 
The prototype sample model was displayed at Shizuoka Hobby Show in Japan in May and now we are working on the painted preproduction sample. 
You will be updated soon about it on this blong. 

 

DENSO Toyota 90C-V (#37) 1991 JSPC

皆様こんにちは。

本日はデンソートヨタ 90C-V 1991 JSPCをご紹介したいと思います。

 

Hello all IG collectors! Today's topic is Denso Toyota 90C-V 1991 JSPC. 
 

先月ご紹介しました、フロムAニッサンと同レースの、91年JSPC開幕戦 富士500kmレース時のトムスチーム37号車をモデル化しました。

 

It's TOM'S #37 and participated in 1991 JSPC Fuji 500km, which is the same race that From A Nissan (featured in IG racing car blong last month)joined. 
 

37号車はG.リース/P-H.ラファネルの外国人コンビ。車体にはE.エルグの名前も記載されていますが、レースでは2名乗車だったようです。予選4位からスタートし、ニッサンを追う展開となりましたが、最終的には1ラップ遅れの総合6位となりました。

 

It was driven by G.Lees/P-H.Raphanel, although the name of E.Elgh was also shown up on the car.
It started from the 4th place in the preliminary. It was racing hard, but finally it finished at the 6th, 1 lap behind Nissan.

 

トムスチームの37号車は前年はタカキューカラーでしたが、この開幕戦ではデンソーカラーにチェンジしました。しかし、次戦の富士1000kmレースでは今度はエッソがメインスポンサーとなり、このミノルタと同じカラーパターンでのデンソースポンサーはこの開幕戦の1戦のみでしたので、ちょっとレアな仕様ですね。

 

TOM'S #37 was in TAKA-Q colouring in the previous year, but changed to DENSO livery in this race. 
However,since ESSO became their main sponsor in the next race Fuji 1000km, this is the only and last Denso livery, same colouring pattern as MINOLTA,to join the race.
  

開幕戦と第2戦の37号車の2ショットです。車体は同じだったと思うのですが、2車では側面の凸ルーバーの有無の違いがあります(最初の画像で違いが判るかと思います)。トムスチームは第3戦 富士500マイルから37号車も91C-Vを導入して、今度は全身レッドとなりましたので、91年序盤戦は毎度変化していたことになります。こちらのトムスチームのデンソーカラー 90C-Vは間もなく発売予定です。お楽しみください!それではまた。

 

This is a picture of #37 cars, one at the opening and the other at the second race. 
Both has the same body basically but there is a differnece on the side.The one has the louvers but the other doesn't. 
TOM'S introduced 91C-V on #37 car from the 3rd race Fuji 500 miles. The colour of the car entirely changed to red. 
It made some changes in every race in early 1991. 
This TOM'S DENSO 90C0V will be available on the market soon. Don't miss it!   

 

Cカー関連書籍/Reference books for Group C sport cars

皆様こんにちは。

 

87年ルマンのポルシェ962C 3種につきまして、デカールキャンペーンのアンケートにお答えいただきまして、ありがとうございました。皆様からの製品化希望の車両は私も拝見させていただきました(毎回興味深く、参考にさせていただいています)!

本日はいつものモデル紹介とはちょっと脱線して、モデル化決定をする際に参考にしています、グループCカー関連の書籍のごく一部をご紹介したいと思います。

 

Hello all IG collectors! 
IG customer questionnaires about our future racing car program were made in Japan. Thank you very much for answering our quesitons! 
All your comments and requests were defenitely intereting for us! 
Well, today I would like to talk about some of our reference books for IG racing car program.  
    

まずこちらは、WORLD SPORTCAR RACING です。グループC全盛期から、初期GTカーあたりまで発行されていました年鑑本で、ルマン/WSPC(SWC)/IMSA/JSPC/スーパーカップやインターセリエなど1年通してスポーツカーレースのみをまとめた本です。

 

This is "WORLD SPORTCAR RACING", a yearbook that was issued during the period from the golden days of Group C cars to early GT cars.   

 

こちらは御存知ルマン年鑑です。ルマン車両を作る際はやはり必須で、グループC時代から99年までを所持しています。

 

Probably you know this book if you are racing car fans. This is a yearbook of Le Mans.
This is a must for our Le Mans car production and I have this yearbook in my private collection from the period of Group C cars to 1999.   

 

こちらは、ポルシェ956/962Cのみを扱った洋書です。必ずしも全車種を網羅しているという訳ではありませんが、かなりボリュームがあり、見応えはありますね。

 

This is a book about Porsche 956/962C.
It doesn't cover all cars but still has a lot of information.

 

こちらは82年から03年までのスポーツカーレースをまとめた洋書とIMSA GTP車両を詳しく紹介している洋書です。こちらもピンポイントでいい写真があり、なかなかおもしろいです。

 

These are books about sport car races from 1982 to 2003 and details of IMSA GTP cars. 
They have some detailed pictures, very interesting. 

 

こちらはマツダさんが発行していました、POLE POSITIONです。マツダのモータースポーツの活躍を記事にしていた冊子で、ルマン特集の際は、予選時ですが出場車すべてをグランドスタンドから撮影しているカットが含まれていますので、参考になる資料です(上から撮影している画像はモデルを作っていく際にもとても重要で、962CなどもルーフのNACAダクトの数が車によって毎回異なっていますので非常に助かります)。

 

This is "POLE POSITION" issued by Mazda,featuring Mazda motor sports. 
Its Le Mans article includes some pictures taken from the grand stand of all entry cars in the preliminary. 
The overhead photos of cars are very importanct actually to see some detailed parts of the cars, such as the number of NACA ducts on the roof for 962C. 
 

 

こちらはニスモさんが当時発行していました冊子のVICTORY LANEとBE・Xのごく一部です。こちらも当時のニスモチームやニッサン車両のモータースポーツの活躍ぶりを紹介しています。画像も多く、いつもニッサン車両制作の際も十分に役に立っていますね。

トヨタさんも同じようにMOTOR SPORTS NEWSという冊子を作っていて、以前カローラWRCを制作していた時の側面模様制作の際はすごく役に立ちました。

 

"VICTORY LANE" and "BE・X" issued by Nismo. 
They introduce Nismo team and Nissan cars with many pictures. Very informative when we make Nissan cars. 
I remember a different magazine "MOTOR SPORTS NEWS" was issued by Toyota. It was helpful when we were replicating the designs on the side of Corolla WRC.

 

最後はレースプログラムです。レーシングオン・オートスポーツ・オートテクニックなどのモータースポーツ誌も一通り所持していますが、レースプログラムも当時画像がたくさん掲載されていますので非常に参考になります。日本帰国の際はいつも古本屋巡りして探しているのですが、あまり出物が無く、レースプログラムはこれからも地道に集めていきたいですね。

 

The last one I introduce to you is "Race Program". 
I have in my private collection many motor sport mangazines like "Racing on", "Auto Sport" and "auto technic", but also have Race Program with many interesting and informatvice pictures.
I like to go around secondhand book stores when I am back in Japan from China. I am collecting Race Program but there are very few on the stores.  

 

モデルを制作する際は実車取材と共にやはり資料は重要で、我々中国の工場にはこのほかにもラリー・ツーリングカーやカスタムカー・GT-R関連の書籍も年を追うごとに増えていき、本棚はもうパンパンの状態です(笑)。

 

These kind of referenec books and magazines are a must as well as photographing the real cars when we replicate a scale model.
I have also have some books about rally touring cars, cutomised cars and GT-R. There are almost no more space at my book shelves. 
 

今ある資料を基に、皆様のリクエストを上回る内容でCカーだけでなく、これからも様々なモデルを作っていきたいと思っています(自分の欲求も含まれていますが…)ので、今後も末永くお付き合いください。製品化リクエストも随時頂ければと思います。それではまた!

 

With these referenec bookgs and magazines, IG is passionately working on various scale model cars. 
We hope you will continue to enjoy IG program. Please contact us from our website or facebook if you have any request or comment! 

 

新製品案内

皆様こんにちは。

 

本日は7月新製品のアイテムについて、ご案内したいと思います。

今回の3種はすべて、1989年 JSPC開幕戦の富士500Kmレース時の仕様になります。

 

Hello all IG collectors! 
The racing cars featured in today's blog are Toyota 89C-V and Porshce 962C Fuji 500km 1989 JSPC, which have been just annouced on IG July 2017 newsletter.   
 

IG1199 MINOLTA Toyota 89C-V (#36) 1989 JSPC

 

まずはこちら、ミノルタカラーの89C-Vです。小河 等/G.リース組のドライブにより、予選ではリースがコースレコードを叩き出し、1位を獲得。決勝では終盤までポルシェ勢とトップ争いをするも、最後でガス欠に見舞われ総合5位となりました(2枚目の画像がちょうどその時の画像ですね)。

 

This is Toyota 89C-V from Team TOM'S with MINOLTA colouring, driven by Hitoshi Ogawa / G. Lees.
It got the pole position in the preliminary with the course record establlished by Lees, but finished at 5th place in the final, running out of gasoline after fighting with Porshce for the top. 
 

IG1200 TENORAS Toyota 89C-V (#50) 1989 JSPC

 

そしてこちらは、サードチームのティノラスカラー。鈴木恵一/D.シアーズ/R.ラッツェンバーガー組が乗車し、予選3位からスタートするも、決勝はミッショントラブルでリタイアしています。

89C-Vはこのレースがデビューイベントでしたが、速さは既に十分に兼ね備えていました(ルマンでもポール争いしていましたしね)。

ミノルタがスパッツ無しの2枚ウィング、ティノラスがスパッツ有りの1枚ウィング仕様となります。89C-Vといえば私はこの側面のルーバー形状が非常に好きだったのですが、実車は効果はさほど無かったのか、第2戦からはルーバーは無くなり、普通の平面形状となってしまいました。ですのでルーバー形状があるのは、シェイクダウン時とこのデビュー戦時のみとなります。

 

This is Toyota 89C-V from SARD racing team with TENORAS colouring, driven by Keiichi Suzuki / D. Sears / R. Ratzenberger. 
It started from the Grid 3rd in the final but retired unfortunately due to mission troubles. 
Toyota 89C-V made its debut in this race Fuji 500km 1989 JSPC. Since its debut it has demonstrated impressive speed. It was fighting for the pole position in Le Mans. 
MINOLTA has double wings wih no wheel spats, meanwhile TENORAS has a single wing with wheel spats.
89C-V had its feature in the louvers on the side in the shakedown and its debut at Fuji 500km 1989 JSPC, but from the next race the louvers were removed and changed to the normal flat plate. 
  

IG1206 From A PORSCHE 962C (#27) 1989 JSPC

 

最後に総合優勝しました、フロムAポルシェです。中谷明彦/H.グロース組のドライブでした。

ノバチームの独自モデファイにより、この開幕戦からリアウィングが独立形状となっています。STPロゴもこの時から追加されました。88WEC IN JAPAN仕様との比較もおもしろいと思います。962Cバリエーションも徐々に形状が変化してきています。

 

This is FROM A Porsche, driven by AKihiko Nakaya / H. Grohs. It started from 10th in the final but won the 1st place with racing 112 laps. 
The rear wing was modified by NOVA team and STP logo was alos added on. You will be aware of the differences when comparing with its 1988 WEC IN JAPAN version.
 

最後のこちらの画像は当時のレーシングオン誌のレースレポート記事です。ミノルタトヨタが善戦するも、結局はフロムA-オムロン-アルファ ブルン-レイトンハウスのポルシェ1-2-3-4フィニッシュとなり、この時はまだポルシェ牙城未だ揺るがずといった状態でしたね。

 

今回の3種も鋭意制作中です!是非ともご予約頂ければと思います。それではまた。

 

Finally, the above article copy is from a magazin "RACING ON". 
It says MINOLTA Toyota was competeing hard with Porsche but finally 1st, 2nd, 3rd and 4th places were all occupied by Porsche. 
Porsche was fastest and no one was unable to beat it in those days.
The 3 racing cars I have talked about here are now under development.Go and reserve to your local IG dealer now! 

 

 

オムロン ポルシェ 962C 89ルマン (1/18 スケール) サンプル

皆様こんにちは。

前回に引き続き、本日はオムロン ポルシェ 962Cの89ルマン仕様のサンプルをご紹介します。こちらは1/18スケールになります。静岡ホビーショーでも展示させていただきましたので、ご覧になった方も多いかと思われます。

こちらのサンプルも現在監修中の段階です。

 

Hello all IG collectors!
This is 1/18 scale OMRON Porsche 962C 1989 Le Mans and it's now subject to approval by the licensor.
The first sample model was unveiled at Shizuoka Hobby Show in Japan in May 2017.
 

IG1195 OMRON PORSCHE 962C (#55) 1989 Le Mans (1/18 Scale)

 

ルマン仕様はウィング位置も低く、ロングテール形状です。ユーノディエールの長いストレートに対応した、低ドラッグ仕様ですね。

This Le Mans version has its wing(long tail) at lower hight position, which is the low-downforce configuration suitable for "Hunaudieres", a long straight course. 

 

1/18スケールとなりますと、Cカーはやはり迫力があります。

 

This is bigger scale, 1/18. More details and more impressive! 

 

現在、工場では近々の量産に向けての最終調整の段階です(レースカー量産工場では初の1/18量産です)。1/18スケールのグループCカーも徐々にラインナップを進めていきたく思っています。次は同じチームの赤い車ですかね。それではまた!

 

This is the first 1/18 scale for IG racing car collection. We are now at final modification stage before the mass production run.  
More 1/18 scale models will be added in IG Group C car collection. The next new 1/18 will be the red racing car from the same team.
More details will be updated later here on IG blog.